ここから本文です

北川みゆきが描く次期社長×秘書のオフィスラブ、武井咲&滝沢秀明の対談も

コミックナタリー 8月8日(月)18時47分配信

北川みゆきの読み切り「ロマンスに釘付け」が、本日8月8日発売のプチコミック9月号(小学館)に掲載されている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「ロマンスに釘付け」はカフェチェーン・プチ珈琲の本社で働く、秘書の森下美玲が主人公。中学1年生のときに出会ってから、次期社長である神坂晃に思いを寄せている美玲だが、童顔を大人っぽく見せたいという思いからしかめっ面になってばかりいた。そんなある日、美玲の前にある女性があらわれ……。また今号には北川みゆき原作によるテレビドラマ「せいせいするほど、愛してる」にて栗原未亜役を演じる武井咲と、三好海里役を演じる滝沢秀明の対談が収録されている。

そのほか表紙には、円城寺マキ「はぴまり~Happy Marriage!?~」が登場。巻頭にはテレビドラマ「はぴまり~Happy Marriage!?~」にて小鳥遊千和役を務める清野菜名、間宮北斗役を務めるディーン・フジオカの対談が掲載。円城寺による撮影現場レポも収められている。

最終更新:8月8日(月)18時47分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。