ここから本文です

陛下の「お言葉」動画、まさかのWMP形式にTwitterユーザーびっくり 「Windows Media Player」がトレンドに

ITmedia ニュース 8月8日(月)18時25分配信

 宮内庁は8月8日、天皇陛下のお気持ちを示された動画を公式Webサイトで公開した。公開された動画ファイルは、Windows Media Player(以下、WMP)でのみ再生できるストリーミング形式の「wvxファイル」で、ネットでは「なぜWMP?」と話題に。一時は「Windows Media Player」がTwitterでトレンド入りした。

【画像】Windows環境以外で見る方法もある

 11分2秒にわたる天皇陛下のお言葉を収めた動画は、WMPで再生可能なストリーミング形式で配信された。宮内庁のWebサイトからダウンロードできるwvxファイルには、動画ファイルの実体が公開されているURLなどの情報が記述されており、WMPで開くとプレイヤーがそのURLにアクセスして動画を再生する仕組みだ。

 この動画配信手法は、Web上で動画を公開する方法として広く使われてきたが、再生環境が限られてしまうことや、2005年頃に公開された「YouTube」といった動画共有サイトが普及してからは、Web上で見掛けることが少なくなっていた。

 NHKによるテレビとネットの同時配信や、「AbemaTV」「LINE LIVE」といったPC/スマートフォン問わず視聴できるリアルタイム配信が目立つ中、宮内庁では「WMPのみ再生できるストリーミング配信」という、今となってはノスタルジーすら感じさせる事態に、SNS上では「今どきWMPって」「なぜWMPなのだろう……」「宮内庁はWMP派」「WMPとか領域帯のチョイスが懐かしい」「スマートフォンやMacで見られない……」と一部で盛り上がりを見せた。

 ちなみに、宮内庁のWebサイト上でダウンロードできるwvxファイルをメモ帳などで開くと、実体ファイルが公開されているURLを確認できるので、VLCメディアプレーヤーのような汎用メディアプレイヤーで“URLを開く”といった機能を使えば、Windows以外の環境でも動画を再生することが可能だ。

 Microsoftが開発するメディアプレイヤーのWMPは、1991年(平成3年)に「Windows 3.0」対応ソフトウェアとしてリリース。現在までにバージョン12までが公開されている。「平成」とほぼ同時期に生まれ、ともに時代を重ねてきたメディアプレイヤーで歴史の移り変わりを見ることが感慨深いのは私だけだろうか。

最終更新:8月8日(月)18時47分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]