ここから本文です

加護亜依の夫は「いい人」 事務所社長の夫・中野浩一氏も太鼓判

デイリースポーツ 8月8日(月)13時41分配信

 元モーニング娘。の加護亜依(28)が8日、報道各社にFAXを送り、38歳の美容関係の会社を経営する一般の男性と入籍したことを報告した。

【写真】加護 モー娘。時代の偽名秘話明かす

 加護は現在、元競輪選手の中野浩一氏の妻でタレントのNAOMIが社長を務める事務所に所属。事務所によると、加護と結婚した夫は元々、友人の友人という関係で、昨年秋から交際を始めたという。

 すでに加護と、夫となった男性、そして中野氏の3人でゴルフにも行く仲だといい、「中野からも(夫は)いい人だというお墨付きが出ている」(事務所関係者)と、人柄についても文句なしのようだ。

 また、婚姻届けには中野氏も保証人の欄にサイン。届けを出した時期は明言していないが、中野氏はリオ五輪関係の仕事のため、開会式前には現地入りしており、婚姻届けは遅くともリオ五輪開会式前には提出したものと思われる。

 NAOMIも8日にブログを更新、お相手について175センチの筋肉質スポーツマンタイプで、趣味は読書とスポーツとつづっている。加護の長女についても「まず優先に考え」ており「男気のある方」であるとしている。

最終更新:8月8日(月)17時47分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。