ここから本文です

イカ収集アプリ「ポケット紋甲イカ」略して「ポケもんごう」が出オチすぎる

ねとらぼ 8月8日(月)18時56分配信

 イカを育てて出荷するゲームアプリ「ポケット紋甲イカ」が、AppStoreとGooglePlayに登場しました。少し言いにくいので略称を考えてみましょう。「ポケット紋甲イカ」……「ポケ紋甲」……「ポケもんごう」……「ポケモンGO」? ハッ、そういう狙いかっ!

【モンスターボールに見えるお皿】

 ものすごく位置情報ゲーム感のあるタイトルですが、外出せずとも遊べる内容。手持ちのP(ポイント)を消費して水槽内のイカにエサを与えると、寿司ネタなり実験材料なりに変化し、出荷されます。これを繰り返して、全10種類の「出荷されたイカの姿」を集めるとクリアー。エサ代よりも高値で売れればPは増加しますが、赤字が続いてPがなくなったらゲームオーバーです。

 出荷後には、たまに「紋甲チャンス」が発生。「アプリ情報にGO!」をタップすると広告動画が流れ、見終わると直前の出荷で獲得したPが2倍になります。テンポが悪くなる……と思いつつ、イカが高額になったときはつい押してしまいます。くやしいっ!

 7月22日に寿司屋でアイデアを思いつき、2日間で制作したとのこと。7月22日といえば、日本で「ポケモンGO」がリリースされた日。明らかに題名をわざとそっちに寄せた「ポケ紋甲」ですが、開発者は制作意図について「どうしてそう思うのかはわからないのですが、『このアプリの名前で楽しんでもらえるのは、今しか無いのではないか』そう思ったからです」と、とぼけたコメントを残しています。

最終更新:8月8日(月)18時56分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]