ここから本文です

広島・ジョンソン、バット直撃石原の復帰に「彼のミットめがけて投げたい」

デイリースポーツ 8月8日(月)14時37分配信

 広島のクリス・ジョンソン投手(31)が、9日の阪神戦(マツダ)に先発する。8日は投手指名練習に参加。強めのキャッチボールや、短いダッシュなどで調整した。阪神戦は今季2戦1勝(防御率1・38)で、本拠地マツダでは5勝1敗(防御率1・47)と安定感が光る。2日のヤクルト戦(神宮)では、6回9安打4失点で10勝目(6敗)を挙げた。

 前回登板ではバッテリーを組む石原が初回、バレンティンのバットを後頭部に受けて負傷退場。「脳しんとう特例措置」で抹消していたが、9日から再登録される見込み。昨年から登板全試合でコンビを組む左腕は「順調にいってイシ(石原)が復帰してくれるのは心強い。それは、チームにとっても僕にとっても、大きなものになってくる」と喜んだ。

 7日の巨人戦にサヨナラ勝ちし、チームは連敗を4で止めた。連勝を狙うカード初戦に向けて、ジョンソンは「彼のミットを目がけて投げたい」と、ベテラン捕手に全幅の信頼を置いて打者に向かう。

最終更新:8月8日(月)14時40分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。