ここから本文です

【高校野球】二刀流の東邦・藤嶋がサイクル越え4安打6打点

東スポWeb 8月8日(月)20時9分配信

【大会第2日(8日)1回戦=東邦(愛知)19―9北陸(福井)】「4番・右翼」で出場した東邦のプロ注目右腕・藤嶋健人投手(3年)が打棒で見せた。

 3回の第2打席で右中間への三塁打。4回の第3打席は中堅右への3ラン。打者一巡した第4打席で三塁線を破る痛烈な2点適時二塁打を放った。

 単打が出ればサイクル安打達成となる6回の第5打席。痛烈な打球は左中間への適時二塁打となり、“サイクル越え”。最終打席となった8回の第6打席は遊ゴロに倒れ、夏の甲子園史上6人目の快挙はならなかった。

 それでも終わってみれば1本塁打を含む6打数4安打6打点の大暴れ。愛知県予選では、5試合でわずか1安打、打率0割台と不振に陥っていた藤嶋だが大舞台で躍動。「甲子園では打ちたいと思っていた。(第5打席は)みんなからサイクル狙えと言われていたけど、僕が二塁に行ったらチャンスが広がる。自分のためより、チームのためを思わないといけないので」と淡々と振り返った。

 最速146キロを誇る投手としての見せ場はなかったが、二刀流でプロの注目を集める大器の片鱗を存分に見せつけていた。

最終更新:8月8日(月)20時9分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)