ここから本文です

加護のお相手は175センチのスポーツマン 事務所社長明かす

デイリースポーツ 8月8日(月)16時25分配信

 入籍を発表した加護亜依(28)の所属事務所社長でタレントのNAOMIが8日、ブログを更新し、加護のお相手について身長175センチの筋肉質スポーツマンで、趣味は読書とスポーツであることを明かした。

 NAOMIは「弊社でマネージメントをしております『加護亜依』が先日、入籍致しました」と報告。相手については一般人ということもあり名前や写真は差し控えるとしたものの、補足事項として「彼の趣味は、読書とスポーツだそうです。身長175センチぐらいの筋肉質でスポーツマンタイプの方です」と説明した。

 また、前夫との間にもうけた加護の長女についても「娘ちゃんの事を、まず優先に考え 深い愛情を注いで下さっております。男気のある方だと感じております」とつづり、夫としてだけではなく、父としてもしっかりと加護と娘に向き合っていることを明かした。

 「今後は夫婦として、娘の親として共に、いつの時も相談し合い、何でも言い合える穏やかで温かい家庭を築いてくれたらと心より願っております」と、事務所社長として、また人生の先輩として、加護の新しいスタートにエールを送っていた。

最終更新:8月8日(月)18時32分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。