ここから本文です

身体を動かすだけで多彩な音源を演奏! 新世代楽器ソフト「KAGURA」が製品化へ向けてクラウドファンディング開始

ねとらぼ 8月8日(月)21時55分配信

 新興企業「しくみデザイン」が開発した演奏ソフト「KAGURA」に、DMM.comが支援を決定。クラウドファンディングサイト「Kickstarter」でのキャンペーンを開始しました。これまでプロトタイプや体験版のみ公開されてきた“身体を動かすだけで演奏できるソフト”が、本格的な製品化に向けて始動します。

【ダンスしながら演奏した例】

 KAGURAはWindowsとMacに対応。PCとWebカメラさえあれば始められます。まずドラッグ&ドロップで楽器のアイコンを画面上に配置。「サウンドセット」と呼ばれる、いわば「好みで演奏ボタンを並べたリズムアクションゲーム」のような画面が出来上がります。

 サウンドセットを起動したら、カメラの前で手を振るなどして演奏。カメラが映したユーザーの手がアイコンに触れると、対応した音が奏でられます。MIDIにも対応し、KAGURAからDAWやDJ機器などを操作することも可能。

 プロモーションにはプロのアーティストが参加し、実演動画を公開しています。ダンスの演技や歌唱の合間に楽器を鳴らすなど、単なる手軽な楽器にとどまらず、新しいパフォーマンス手段としての可能性を示しています。

 30ドル(約3000円)の支援で、ソフトの最小構成パックが入手可能。以降、60ドル(約6000円)、120ドル(約1万2000円)と支援金額が多いほど、より多くの音源やアイコンを収録したパックが手に入ります。集められた資金はWindows版の仕上げとMac版の開発にあてられます。

(沓澤真二)

最終更新:8月8日(月)21時55分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]