ここから本文です

Nothing's Carved In Stone野音ライブを作家・宮下奈都が書く

音楽ナタリー 8月8日(月)20時10分配信

Nothing's Carved In Stoneのライブドキュメントフォトブック「僕らにとって自由とはなんだ Nothing's Carved In Stone」が9月28日に刊行される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

この書籍は、今年5月に行われた初の東京・日比谷野外大音楽堂公演の模様を、バンドと親交のある作家・宮下奈都によるテキストと、カメラマンの堀田芳香が撮影したライブ写真で紹介する1冊。メンバーのソロインタビューや、新規撮り下ろし写真のほか過去の写真も掲載され、電子書籍版も同時に配信される。

なおNothing's Carved In Stoneは「僕らにとって自由とはなんだ Nothing's Carved In Stone」の発売日と同じ9月28日に、ライブDVD / Blu-ray「Nothing's Carved In Stone Live at 野音」と同タイトルのライブアルバムのアナログ盤をリリースする。

宮下奈都 コメント
僕らにとって自由とはなんだ。──「村雨の中で」で自ら突きつけた問いに、村松拓は対峙する。「その答えは、もう出た」。そう聞いたとき、震えた。追わずにはいられない、NCIS。書かずにはいられない、その現在を、過去を、そして未来を。

最終更新:8月8日(月)20時10分

音楽ナタリー