ここから本文です

相沢梨紗キュレーションの美術展が明日スタート「秘密基地ができたみたい」

音楽ナタリー 8月8日(月)21時49分配信

でんぱ組.incの相沢梨紗がキュレーターを務める展覧会「でんぱ組.inc 相沢梨紗キュレーションによる美術展- メメ -」が、8月9~14日に東京・根津にあるギャラリー マルヒにて開催される。オープンに先駆け、本日8月8日にメディア向けの内覧会が行われた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

会場となったギャラリー マルヒは大正6年に建てられた古民家をリノベーションした趣きのある建物。入り口のガラスケースには、相沢の思い出の品々を素材に、シャンデリアアーティストキム・ソンヘが制作したオブジェが飾られている。そしてそのガラスケースの横にある、相沢がデザインした“メメマーク”が目印ののれんをくぐりギャラリーに入ると、彼女のソロライブの衣装を着たマネキンがお出迎え。さらに奥の2つの部屋ではフォトグラファーの四方あゆみが撮影した相沢の写真や、イラストレーターでマンガ家の原田ちあき、イラストレーターの甘木歯四によるイラストなどが展示されている。

内覧会では相沢自らが展覧会のコンセプトを説明。彼女は“ヲタク”であることを隠してアイドル活動をしていた過去の自分が、“モノノケ”であることを隠し、人間界で生き抜く“モノノケ”の姿と重なり、今回の展覧会のテーマを「モノノケ」としたと語る。またでんぱ組.inc結成前のメイド時代の思い出の品などで作られたオブジェがある一方で、つい先日終わったばかりのソロコンサートで着用していた衣装が展示されていることについては「自分の本当の気持ちや姿、“モノノケ”であることを認めてもらった今の私の姿もここにあります。相沢梨紗のストーリーのスピンオフ的な気持ちで見てもらえたら」と話した。

会場となったギャラリー マルヒについては、「『モノノケ』というテーマに合う和風で古めかしい場所を探してギャラリー マルヒさんで展示をさせていただくことになりました。私は秋葉原という場所が大好きで、根津はごちゃっとしてる感じが秋葉原と近い。なんだか秘密基地ができたみたいでうれしい」とコメント。見どころとしては「ここでしか見られない写真がたくさんあります。空間を含めて作品なので、この隠れ家的な雰囲気を楽しみに遊びに来てほしいです」と語っていた。

でんぱ組 .inc 相沢梨紗キュレーションによる美術展 -メメ -
2016年8月9日(火)~14日(日)東京都 ギャラリー マルヒOPEN 11:00 / CLOSE 19:00

最終更新:8月8日(月)21時49分

音楽ナタリー