ここから本文です

能年玲奈 岩手県庁を訪問、改名後初仕事か 達増知事「お帰り」と大歓迎

デイリースポーツ 8月8日(月)20時10分配信

 芸名を「のん」に改名して活動することを宣言した女優の能年玲奈(23)が8日、NHKドラマ「あまちゃん」の舞台になった岩手県を訪れ、県庁に達増拓也知事を表敬訪問した。能年は同知事から「おかえりなさい」と大歓迎を受け、県庁に「プロジェクトN」も立ち上げてもらった。改名後、初仕事とみられる。

【写真】昨年12月の能年 9か月ぶり公の場も…ノーコメント

 達増知事はツイッターで能年の訪問について記し、「のん(本名能年玲奈)さんが岩手県庁に。『おかえりなさい』と迎えました」と歓迎したことを報告。

 また、「直筆のそばっちイラストをいただきました。岩手県は県庁内に『プロジェクトN』を立ち上げ、のん活躍の場を作ります」とバックアップを約束した。

 フジテレビ「みんなのニュース」が能年の訪問を放送。午前11時50分頃に訪れ、達増知事が「おかえりなさい」と迎えると、能年は「あっ、ありがとうございます」と笑顔に。「描かせていただきました」と岩手県のご当地キャラクター「そばっち」のイラストを知事にプレゼントした。

 岩手県再訪について、「何だろう、何カ月も(あまちゃんの撮影で)いたりしたので、すごくうれしいです」と終始笑顔だった。

最終更新:8月9日(火)14時6分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。