ここから本文です

ゴジラと吠えよう!「シン・ゴジラ」発声可能上映が新宿で開催

映画ナタリー 8月8日(月)22時42分配信

現在全国にて公開中の「シン・ゴジラ」。そのイベント上映が8月15日、東京・新宿バルト9にて行われる。

【この記事の関連画像をもっと見る】

“発声可能上映”と銘打たれたイベントでは声出し、コスプレ衣装の着用、サイリウムの持ち込みが可能。8月8日24時よりKINEZOにてチケットの販売を開始する。残席がある場合のみ、8月9日のオープン時より劇場窓口でも扱われる。

庵野秀明が総監督、樋口真嗣が監督を務めた「シン・ゴジラ」は、12年ぶりとなる東宝製作によるゴジラ最新作。キャストには長谷川博己、竹野内豊、石原さとみらが名を連ねている。

「シン・ゴジラ」発声可能上映
2016年8月15日(月)東京都 新宿バルト919:00の回チケット:オンラインチケット購入サービスKINEZOにて8月8日(月)24:00より発売※オンライン販売で残席がある場合のみ劇場窓口でも8月9日(火)オープン時より発売※周囲の視界を遮るような衣服の着用不可

最終更新:8月8日(月)22時42分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。