ここから本文です

東邦・藤嶋“サイクル超え”猛打 快挙逃すも笑顔「意識はありました」

デイリースポーツ 8月8日(月)21時14分配信

 「全国高校野球・1回戦、東邦19-9北陸」(8日、甲子園球場)

 東邦が先発全員、毎回の24安打で大勝。今秋ドラフト候補の藤嶋健人投手(3年)は“サイクル安打超え”の猛打を披露した。

 三回の第2打席で右中間への三塁打を放つと、四回は第3打席で高校通算49号となる中堅右への特大3ラン。さらに打者一巡した第4打席で、三塁線を破る適時二塁打を放った。

 そして迎えた六回の第5打席。単打が出ればサイクル安打達成だったが、藤嶋が放ったのは左中間への適時二塁打。思わぬ形で過去5人しかいない偉業を逃すと、八回の第6打席も遊ゴロに倒れた。

 それでも「(第5打席では)意識はありましたけど、いい当たりが出たので良かった。そういう(サイクル安打の)チャンスが巡ってきて、打てないのがまだまだ。次がんばります」とニコニコ顔。

 愛知大会では5試合でヒット1本だったが、甲子園で一変。「ギアが上がりますね。ワクワクします」と、終始楽しそうな表情だった。

最終更新:8月8日(月)21時16分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報