ここから本文です

大野 圧倒一本勝ちで3回戦進出 開始1分で相手には3度の指導

デイリースポーツ 8月8日(月)23時30分配信

 「リオ五輪・柔道男子・73キロ級」(8日、カリオカアリーナ)

 優勝候補の大野将平(旭化成)が自身の初戦となる2回戦に登場。ミゲル・ムリジョ(コスタリカ)に一本勝ちして3回戦に進んだ。

 大野の圧力に相手選手は防戦一方で、開始1分で3度の指導。最後は足技からの崩れけさ固めでガッチリ抑え込んで、きっちりと一本勝ちした。

 日本男子の井上康生監督が「代表7人の中で金メダルに一番近い男だ」と信頼する大本命が、余力十分のスタートを切った。

最終更新:8月9日(火)0時17分

デイリースポーツ