ここから本文です

大野が柔道金1号!決勝も鮮やか一本勝ち

デイリースポーツ 8月9日(火)5時37分配信

 「リオ五輪・柔道男子・73キロ級」(8日、カリオカアリーナ)

 優勝候補だった大野将平(旭化成)が、決勝でルスタム・オルジョフ(アゼルバイジャン)に一本勝ちし、 今大会の日本柔道初、男子では2大会ぶりの金メダルを獲得した。

 大野は序盤で内股による技ありを取り、その後に指導を取られたが、残り1分45秒に鮮やかな小内刈で一本を取った。

 2、3回戦とも一本勝ちしていた大野は、準々決勝でロンドン五輪66キロ級金メダリストのシャブダトゥアシビリ(ジョージア)に優勢勝ち。準決勝でもディルク・ファンティヘルト(ベルギー)に一本勝ちしていた。

 日本の「一本柔道」を貫徹した大野は表彰式で金メダルを授与され、国歌演奏の間には目にうっすらと熱いものを光らせた。そして、ほかのメダリストとの記念撮影では普段のポーカーフェイスを崩した。その後に「(金メダルは)重みがありますね。やっと安心して、実感がわいてきました。最高です」と話すと、「内容はまだまだ反省すべきことがあり、もっと強くなっていきたいし、もっと強くなれると思います」と再びストイックな姿に戻った。

 表彰式での涙については、「井上(康生)監督に会ったら涙が出ました」と素直に認めると、今後に向け、「金メダルにふさわしい人間に成長したい。東京五輪も目指します」と前を向いて話した。

 大野は決勝で金メダルが決まった後にも、「内容は満足のいくものではなかったが、明日(の日本勢)にいいバトンが渡せたのではないかと思う」などと謙虚に語り、大本命にふさわしい王者の風格を漂わせいた。

最終更新:8月9日(火)6時49分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]