ここから本文です

【NBA】FAのL.スティーブンソン、移籍先が無ければ海外も選択肢か

ISM 8月8日(月)18時56分配信

 このオフにメンフィス・グリズリーズからフリーエージェントとなっているガードのランス・スティーブンソンが、NBAで契約先が見つからなければ海外でプレーをする可能性が出てきた。米『CBSスポーツ』のウェブサイトなど複数のメディアが現地7日に伝えている。

 同サイトによれば、スティーブンソンは2013-14シーズン終了後、当時所属していたインディアナ・ペイサーズから5年総額4,400万ドル(約44億9,000万円)のオファーを受けるも、求めていた年俸ではないとして拒否。結局は年俸の変わらないシャーロット・ホーネッツとの短期契約にサインをしたが、ホーネッツでは思うような成績を残すことはできなかった。

 昨夏にはロサンゼルス・クリッパーズへトレードされ、ベンチスタート中心の出場で1試合平均4.7得点、2.5リバウンド、1.4アシストに終わると、今年2月には故障者の続出していたグリズリーズに移籍。グリズリーズでは1試合平均14.2得点、4.4リバウンド、2.8アシストをマークしたが、来季契約のオプションを破棄され、現在も去就が決まっていない。

『CBSスポーツ』は、ステーブンソンは強豪チームで活躍できるだけの才能を十分持っているが、やや癖のある性格が契約先となるチームも遠ざけているかもしれないと伝えている。

最終更新:8月8日(月)18時56分

ISM