ここから本文です

V系バンドDIV、2人脱退で解散へ「修復不可能な溝」 10・10日比谷野音でラスト

オリコン 8月8日(月)18時0分配信

 4人組ビジュアル系ロックバンド・DIV(ダイヴ)が8日、10月10日に東京・日比谷野外大音楽堂で開催されるワンマンライブをもって解散することを発表した。ベースのちょび、ドラムのsatoshiが脱退することに伴うもので、ボーカルのCHISAは公式サイトで「残された2人でDIVとして延命することも考えましたが、この4人を越えるDIVのイメージはつかなくて、1人1人を尊重してこのような結論に至りました」と説明した。

10月10日に解散…「DIV」の主な作品一覧

 脱退、解散の決断に至った理由についてCHISAは「どう在るべきか求めたり、求められたりする程に、人としてではなく、アーティストとして修復不可能な溝が出来てしまったのは事実だと思います」と明かす。所属事務所も「2012年4月から活動してまいりましたDIVですが、この先のそれぞれの成長をメンバー・スタッフともに何度も話し合った結果、それぞれが新しい道で活動を続けていくことを選択しました」と報告した。

 今月13日の栃木・宇都宮公演を皮切りに、9月18日の大阪・梅田公演まで全8ヶ所を回るラストツアー『DIV oneman tour 2016「Ready to DIVE」』をスタート。9月2日には熊本地震で延期になっていた熊本ライブの振替公演を行い、10月10日の『DIV ONEMAN LIVE 2016 「DIVE!!!」 at 日比谷野外大音楽堂公演』をもって解散する。

 CHISAは「残されたLIVE 1本1本が誰かにとって何か尊いものの始まりでありますように、精一杯声を枯らします」と決意を綴り、「4年半の僕たちの物語にいつも寄り添っていてくれてありがとう。僕のストーリーはみんななしでは語れないストーリーになりました」とファンに感謝した。

 2012年3月に結成されたDIVは、CHISA(Vo)、将吾(G)、ちょび(B)、satoshi(Dr)からなる4人組。同年10月に発売された1stアルバム『ZERO ONE』がオリコンのインディーズ週間アルバムランキング1位を獲得し、最近も全国ツアーを行うなど精力的に活動しているなかでの発表となった。

最終更新:8月9日(火)18時19分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。