ここから本文です

椎名桔平、テレ東ドラマ初出演 湊かなえサスペンス『望郷』出演者を一挙発表

オリコン 8月8日(月)18時33分配信

 テレビ東京が本社移転を記念して制作する「ドラマスペシャル 湊かなえサスペンス『望郷』」(年内放送)の出演者が発表された。人気作家・湊かなえ氏の連作ミステリー短編集の中から「みかんの花」「海の星」「雲の糸」の3編をドラマ化。いずれも瀬戸内海に浮かぶ、とある島で生まれ育った人々の物語で、切なくも愛おしい人間模様を描くミステリー。

湊かなえサスペンス『望郷』出演者の画像

 「みかんの花」は、女優の広末涼子が主演。20年前に島を出たきり、一度も帰ってこなかった憎き姉が帰島。なぜ姉は島を出たのか。なぜ、いま戻ってきたのか。妹が姉を憎む理由は? 広末演じる富田美里の姉で、人気小説家となり東京に暮らす姉・富田笙子役に水野美紀。ドラマ『オヤジぃ。』(TBS、2000年10月期)以来の姉妹役を演じる。笙子が島を出た理由を背負って美里と島で暮らす母・安江役に倍賞美津子。ほか、田中圭、水橋研二、中村靖日、山口まゆ、田辺桃子らが出演。

 「海の星」は、俳優の伊藤淳史が主演。25年前、主人公・浜崎洋平(伊藤)の父親が忽然と姿を消したことから始まる物語。洋平の少年期は加藤清史郎が演じる。洋平の母・佳子役に若村麻由美、父を捜す母子に思惑があって近づいてきた漁師・真野幸作役に同局のドラマ初出演の椎名桔平、幸作の娘・美咲役に平山あや、洋平の妻・友美役に紺野まひる、洋平の父・秀夫役に橋本じゅん、少女期の美咲役に平祐奈、洋平の大叔父役にモト冬樹が配役された。

 「雲の糸」は、俳優の濱田岳が主演。濱田演じる白綱島出身の人気歌手・黒崎ヒロタカは、同級生の強引な誘いで7年ぶりに島に帰ってきたものの、海に落ちて意識不明に陥ってしまう。彼はなぜ海に落ちたのか? ヒロタカを支える姉の磯貝亜矢役に内山理名、過去の罪を背負いひっそりと謙虚に島で生きる母・磯貝律子役に麻生祐未、ほかに、井頭愛海、西岡徳馬が出演する。

最終更新:8月8日(月)18時33分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。