ここから本文です

とにかく明るい安村、地元・単独ライブ開催に危機 チケット40枚しか売れず嘆き

オリコン 8月8日(月)22時12分配信

 ピン芸人のとにかく明るい安村が8日、札幌・道新ホールで行われた『道民笑いの日 よしもとスペシャルライブ』に出演。終演後の囲み取材では、初単独ライブツアー「TONIKAKU」の地元・北海道公演のチケットが「40枚」しか売れていないことを明かした。

【写真】安村と共にライブに出演したタカトシ、8.6秒バズーカー

 地元・北海道を皮切りに大阪、東京を巡る同ライブツアー。初日公演を13日の北海道・共済ホールと直前に控えているが「まだ(チケットが)40枚しか売れてない…」とポツリと漏らした安村。現在、600枚以上の売れ残りがあると、厳しい内情を告白した。

 開演まで1週間を切り「チケット完売の秘策はあるのか?」と問うと「秘策は考えてます。もうあきらめてホテルで寝るという…。それか行かずに当日は風邪をひこうかな」と苦笑い。「当日券で…」とかすかな希望を抱くも、同席したタカアンドトシのトシから「当日券で600枚はキツいでしょ」とツッコまれていた。

 吉本興業と北海道がタッグを組んで、物産PR、国内外の観光誘致に取り組む企画「みんわらプロジェクト~みんなで笑えばいいっしょ~」。6日からきょう8日の3日間にわたって第一弾イベント「みんわらウィーク」が開催され、ペナルティ、庄司智春といった人気芸人が登場する「よしもと×札幌市ふれあい運動会」や、北海道の人気商品がズラリとそろった「よしもと北海道シュフラン」など、道民に笑顔を届ける企画が数多く行われた。

 ラストを締めくくるスペシャルお笑いライブは、今年から制定される記念日「道民笑いの日」(8月8日)を祝うため、タカアンドトシ、8.6秒バズーカー、バンビーノら人気芸人が多数出演。3日間で計3万5000人が来場した。

最終更新:8月8日(月)22時36分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。