ここから本文です

フォロワー17万超のアイドル・RaMu、2ndイメージは「全編“乙女”で変な汗出ました」

デビュー 8月8日(月)21時49分配信

 短編投稿動画などで人気を博し、ツイッターのフォロワー17万人超を誇るGカップアイドル・RaMuが8日、セカンドBD&DVD『RaMu&Peace』の発売を記念して、マスコミ取材会を行なった。

【写真】RaMuの写真

 セカンドBD&DVD『RaMu&Peace』は、6月にバリで撮影。ロケの思い出として「私しか見てないんですけど、背中やお尻を撮影しているときに前をオオトカゲが横切って。撮影中だからリアクションも出来ませんでした」と、さすが海外というエピソードを披露。

 今作はRaMuと旅行に行くという設定で「ドジっ子の彼を“コラッ”とか“ちょっと見過ぎ!”とか怒るSめな感じのシーンも」あるという。実際のRaMuはと言えば「プールで知らない人が胸を見てきたら、“何見てんだよ!!”とか言っちゃいます」とドSキャラ。「でも、いじられることも多いので、SもMもどっちもいけます」と笑った。

 そんなキャラだけに、恥ずかしかったシーンは乙女な演技。「全編に台詞があるんですけど、演技が下手で。回想シーンで『好きです』って言うシーンは、私、そういうの言わない人なので、変な汗がバーッて出てきてすごく恥ずかしかった! オラーッとかいうヤカラな演技は得意なんですけどね」と苦笑い。

 そんなイメージ作品もファンからは「元々こういうキャラじゃないので、“いつもと違うRaMuちゃんが見れて楽しい”って言ってくれます」と好評。しかし「ファンはほとんど女の子なので“買いづらい”って。男の子でも高校生だと買ってくれるんですが、中学生は買いにくいし、部屋にも置きづらい(笑)」とセクシー過ぎるのが難点だとも。

 今後については「テレビでおしゃべりも出来て、面白い。見たことがない異色キャラで天下を取ります」と語ったRaMu。8月には多数の雑誌にも登場するとのことで、ブレイクの日も近そうだ。

最終更新:8月8日(月)21時51分

デビュー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。