ここから本文です

【ライブレポート】TUBE、真夏のスタジアムライブで「今、歌える喜びを噛みしめながら」

BARKS 8月8日(月)12時2分配信

TUBEが毎年恒例の夏の野外スタジアムライブ<TUBE LIVE AROUND SPECIAL 2016 ?RIDE ON SUMMER->の関西公演を8月6日、ほっともっとフィールド神戸で開催した。

◆TUBE 画像

TUBEにとっては、8月末の阪神甲子園球場でのライブが“TUBEの大晦日”として通例だったが、ここ近年同ライブは9月後半に開催されており、2015年9月23日に行われたデビュー30周年/連続25回目のライブで一旦区切りとしていた。しかし、関西地区でのスタジアムライブの開催を望むファンの熱い要望に応えるカタチで2016年は場所を移してほっともっとフィールド神戸、そして恒例の横浜スタジアムの2ヶ所で開催される。TUBEの野外スタジアムが関西地区からスタートするのは<TUBE LIVE AROUND SPECIAL 2002 good gay sunshine>以来となる。

メインステージにはデビュー31年目に新しいステージへ羽ばたくことをイメージしたかのような5つの気球が設置され、青空に向かって浮かんでいる。今回のツアーは“長年支えてくれているファンにも、初めてライブに来た人にも楽しんでもらえる選曲”をテーマに、誰もが知るTUBEのヒット曲とアルバムツアーではなかなか聴くことができない隠れた名曲で構成されたコンセプチュアルなものだ。

オープニングはメンバー個々がハードロックをルーツに持つTUBEの“ロックメドレー”から。そして、代表曲「シーズン・イン・ザ・サン」や、7月にリリースされたばかりの通算60thシングル「RIDE ON SUMMER」をライブ初披露した。前田亘輝の声帯手術の後、初レコーディングが行われたこの曲は、メンバーにとってもファンにとっても思い入れの深いナンバーでもある。“毎朝目覚めるたびに、新しい自分に変われるチャンスは誰にでもある”という”始まり”を予感させるポジティブなメッセージを伴って、パワーアップした伸びやかな歌声を聴かせた。

本編後半では、ギタリスト春畑道哉のソロコーナーが展開された。春畑はソロデビュー30周年の節目となる2016年11月に4年ぶりの全国ソロツアーの開催および、16年ぶりのフルアルバムリリースを発表している。この日のステージではサッカーJ1リーグのヴィッセル神戸のために書き下ろした新曲を披露。ステージの両サイドには楽曲タイトル「WE ARE ONE」の文字が刻印された赤と白の大きなフラッグが雄大にはためき、ヴィッセル神戸のチームカラーでもある赤色のギターを手に、エネルギッシュなギタープレイを展開するなど、そのドラマチックなサウンドに会場がひとつとなった。

「去年はTUBE30年アニバーサリーイヤーということで年末までライブをやり終え、「やったー!」と思ったら僕の喉がパンクしまして、高校生以来の手術をしました。しばらく休養して、今年は野外ライブはないかなと思ったけど、こんな素敵な会場があったので、是非11年振りに関西圏で(8月に)野外ライブをやりたいということで開催することになりました」──前田亘輝

と、真夏の開催となる関西でのスタジアムライブへの想いを語った前田は、「今日は1秒1秒、自分が歌えることの喜びを感じながら歌ってきました。今、歌える喜びを噛みしめながら「灯台」」と、2015年末に冬シングルとして発表した「灯台」で本編ラストを飾った。

アンコールでは、TUBEのスタジアムライブ恒例の炎や打ち上げ花火などの特効SHOWが神戸の夜を彩った。これには場内からは大きな歓声が湧き上がり、「この街と海、そして音楽を大切にしていってください。本当に今日はどうもありがとう!」という前田の挨拶で、TUBEのほっともっとフィールド神戸での真夏のスタジアムライブが終了した。

TUBEは8月20日、28回目となる横浜スタジアムでのライブを開催する予定だ。

■<TUBE LIVE AROUND SPECIAL 2016 ?RIDE ON SUMMER->
8月06日(土) ほっともっとフィールド神戸 開場15:30/開演17:30
8月20日(土) 横浜スタジアム 開場16:00/開演18:00
全席指定8,500円/立見7,500円(※横浜のみ/一般発売のみ)
※税込/5歳以上有料/雨天決行/悪天中止

■シングル「RIDE ON SUMMER」
2016年7月6日(水)発売
【初回生産限定盤A [CD+TUBE特製アイスキャンディーメーカー]】AICL-3110~3111 ¥2,800(税込)
※数量限定5,500セット
【初回生産限定盤B [CD+DVD]】AICL-3112~3113 ¥3,100(税込)
【通常盤 [CD]】AICL-3114 ¥1,200(税込)
M1.RIDE ON SUMMER 作詞:前田亘輝/作曲:春畑道哉/編曲:Jin Nakamura
※「クノール®冷たい牛乳でつくるカップスープ」タイアップソング
M2. FULL SWING 作詞:前田亘輝/作曲:春畑道哉/編曲:TUBE&佐藤晶
※九州朝日放送「RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント2016」大会公式ソング
M3. RIDE ON SUMMER(Instrumental)
M4. FULL SWING(Instrumental)

■春畑道哉ソロワークス
ソロアルバム『タイトル未定』
2016年11月9日(水)発売
【初回生産限定盤 CD+DVD】AICL-3185~3186 ¥4,000(税込)
【通常盤 【CD】AICL-3187  ¥3,000(税込)
※収録内容、仕様、DVD内容については後日発表いたします。
<Michiya Haruhata LIVE AROUND 2016>
11月16日(水) DRUM Be-1(福岡)開場18:30 / 開演19:00
11月17日(木) Zepp Namba(大阪)開場18:00 / 開演19:00
11月18日(金) Zepp Nagoya(愛知)開場18:00 / 開演19:00
11月21日(月) Zepp Tokyo(東京)開場18:00 / 開演19:00
11月22日(火) 仙台darwin(宮城)開場18:30 / 開演19:00
11月24日(木) ペニーレーン24(北海道)開場18:30 / 開演19:00
▼チケット
\7,000(税込)
ドリンク代別¥500/6歳以上有料/6歳未満(未就学児)入場不可

最終更新:8月8日(月)12時2分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。