ここから本文です

SKY-HI、ROCK IN JAPAN参戦「今日俺が持っている感情は、愛と感謝とリスペクト」

BARKS 8/8(月) 22:22配信

8月6日(土)、SKY-HIが茨城県の国営ひたち海浜公園にて行われた<ROCK IN JAPAN FESTIVAL2016>に3年振り2度目となる参戦を果たした。

◆SKY-HI ライブ画像

この日ステージに登場したSKY-HIは「ROCK IN JAPANに帰ってきました。前回出してもらった時はテントでした。今回はダンサー、バンドメンバーの仲間たちと共に、少し大きなステージでやれることになったのを、すごく感謝してる。辛かった事も含めて全てに感謝している。ここに戻ってこれたというその結果が全てだとするならば、今日俺が持っている感情は愛と感謝とリスペクト。」と熱く語った。さらに、「何より大事なのは、今この瞬間を俺に割いてくれてる全員が、SKY-HIに少しでも時間を割いてよかったなと思える瞬間を作る事が大切だ!!」と語り、ステージ前に駆けつけたファンを完全にロック。

「本当に上手いラップ、本当にかっこいいラップを見せてやるよ」と高速ラップで会場を圧巻した「Welcome To The Dungeon」、観客が一斉にタオルを回した「Seaside Bound」とフェス感満載のステージのあとは新曲「ナナイロホリデー」の披露も。この日はメドレーを含む計5曲で、終始彼の持つパフォーマンススキルの高さを音楽ファンに魅せつけた。

SKY-HIは2016年9月から<SKY-HI LIVE HOUSE TOUR2016 ~Round A Ground~>をスタートする。このツアーでは9月20日の福島を皮切りに、12月16日の豊洲ファイナルまで全国19カ所20公演を訪れる予定だ。

7thシングル「ナナイロホリデー」

[SG+DVD -Music Video盤-] AVCD-83635/B 1,800円+税
1.ナナイロホリデー
2.Welcome To The Dungeon
3.ナナイロホリデー(Instrumental)
4,Welcome To The Dungeon(Instrumental)
5,ナナイロホリデー(Acappella)
6.Welcome To The Dungeon(Acappella)
DVD
・ナナイロホリデー(Music Video)
・ナナイロホリデー(Music Video Making)

[SG+DVD -LIVE盤-] AVCD-83636/B 1,800円+税
1.ナナイロホリデー
2.Welcome To The Dungeon
3.ナナイロホリデー(Instrumental)
4,Welcome To The Dungeon(Instrumental)
5,ナナイロホリデー(Acappella)
6.Welcome To The Dungeon(Acappella)
DVD
・SKY-HI HALL TOUR 2016 ~Ms. Libertyを探せ~@TOKYO DOME CITY HALL (2016.3.13) 収録楽曲、曲数未定
AVCD-83637 価格:1,000円+税
1.ナナイロホリデー
2.Welcome To The Dungeon
3.ナナイロホリデー(Instrumental)
4,Welcome To The Dungeon(Instrumental)
5,ナナイロホリデー(Acappella)
6.Welcome To The Dungeon(Acappella)

<SKY-HI LIVE HOUSE TOUR2016 ~Round A Ground~>

9月20日(火)福島・郡山Hip Shot Japan
9月23(金)島根・松江canova
9月24(土)鳥取・米子laughs
9月29 (木)北海道・札幌cube garden
10月01 (土)青森・Quarter
10月02 (日)岩手・盛岡Club Change WAVE
10月04 (火)群馬・高崎Club FLEEZ
10月09 (日)香川・高松MONSTER
10月10 (月) 愛媛・W studio RED
10月15 (土) 秋田・Club SWINDLE
11月19 (土) 和歌山・SHELTER
11月21 (月) 兵庫・神戸VARIT.
11月26 (土)宮崎・WETHER KING
11月27 (日)熊本・B.9 V1
12月01 (木)茨城・水戸ライトハウス
12月03 (土) 新潟・NIIGATA LOTS
12月10 (土))静岡・Live House浜松窓枠
12月11 (日)京都・FANJ
12月15 (木)東京・豊洲PIT
12月16 (金) 東京・豊洲PIT

最終更新:8/8(月) 22:22

BARKS

なぜ今? 首相主導の働き方改革