ここから本文です

男性のみで贈る舞台『露出狂』に市川知宏ら32人、作・演出は中屋敷法仁

CINRA.NET 8月8日(月)13時5分配信

舞台『露出狂』が9月30日から東京・Zeppブルーシアター六本木で上演される。

『露出狂』は中屋敷法仁が主宰を務める劇団柿喰う客によって2010年に初演された作品。初演時は女優のみで演じられたが、2012年に男優のみでリメイクして上演された。高天原高校サッカー部を舞台に、部活という閉鎖された空間の中で様々に交錯する人間関係と部員たちの青春が描かれる。

【もっと大きな画像を見る】

今回の公演は、オーディションで選出された28人を含む32人の男性キャストが、「チーム露」「チーム出」「チーム狂」の3チームに分かれて上演。「チーム狂」は23歳以下の俳優だけで構成される。キャストには市川知宏、陳内将、小沢道成、永島敬三らが名を連ねている。各チームのメンバーや上演日はパルコ劇場のオフィシャルサイトで確認しよう。チケットは販売中。

CINRA.NET

最終更新:8月8日(月)13時5分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。