ここから本文です

16歳の少年×宇宙人が一体化、ヒーロー映画『マックス・スティール』

CINRA.NET 8月8日(月)20時34分配信

映画『マックス・スティール』が12月3日から東京・池袋HUMAXシネマ、ヒューマントラストシネマ渋谷で公開される。

【もっと大きな画像を見る】

同作は、玩具メーカーのマテル社が1997年に発売したアクションフィギュアシリーズ「マックス・スティール」を実写映画化した作品。幼い頃に父を亡くした16歳の少年マックスが地球外生命体のスティールと一体化し、驚異的なパワーを操るヒーロー「マックス・スティール」に変身できるようになり、やがて父の死にまつわる秘密を解き明かすため、邪悪な陰謀に立ち向かう、というあらすじだ。

主人公マックス役を演じるのは、M・ナイト・シャマラン監督の新作『Labor of Love』にも出演しているベン・ウィンチェル。スティールの声をジョシュ・ブレナーが演じている。監督は『スプラッター・ナイト 新・血塗られた女子寮』『Halo4:フォワード・オントゥ・ドーン』などのスチュワート・ヘンドラー。

CINRA.NET

最終更新:8月8日(月)20時34分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。