ここから本文です

「東日本大震災」関連倒産の発生は5カ月連続の1桁台

東京商工リサーチ 8/8(月) 13:30配信

 2016年7月の「東日本大震災」関連倒産は7件(前年同月7件)だった。2016年3月以降5カ月連続で1桁台で推移し、収束傾向に変化がない。ただし、累計件数は震災から5年を経過して1,741件(7月31日現在)に達した。

2016年7月の倒産事例
 観光みやげ品販売の(資)田村商店(TSR企業コード:220040168、法人番号:4410003001545、秋田県)は、創業が明治30年頃とされる老舗企業。観光みやげ品などの卸売を行い、地元の観光ホテル、みやげ品店などを販売先としてピーク時には約13億円の売上高を計上した。
 しかし、東日本大震災以降は観光産業が冷え込み、業績が悪化した。平成27年2月期の売上高は2億5,000万円まで落ち込み、赤字経営から債務超過に陥っていた。厳しい業況を改善させることができないまま破産を申請した。

 震災関連倒産は1桁台が続き収束傾向が目立つ。この一方で、依然として震災の影響から抜け出せない企業がまだみられ、傷痕の深さを物語っている。

 2016年7月の地区別は、四国3件、関東2件、東北2件だった。東北は岩手と秋田だった。
 「震災関連」倒産の累計1,741件を都道府県別でみると、最多は東京の532件(7月2件)。次いで、宮城142件、北海道82件、神奈川71件、福岡70件、千葉67件、岩手66件、茨城64件、群馬58件、栃木51件、静岡48件、福島46件、山形45件、大阪44件、埼玉43件と続く。直接被災地の東北6県の倒産件数は353件(構成比20.2%)だった。
 「震災関連」倒産の累計1,741件を産業別でみると、最多は宿泊業・飲食店などを含むサービス業他の460件(7月3件)。次いで、製造業が393件(同ゼロ)、卸売業が322件、建設業が214件、小売業が160件と続く。
 被害型で分類すると、「間接型」1,589件(構成比91.2%)に対して、「直接型」は152件(同8.7%)だった。7月は「直接型」が1件(岩手)発生した。

東京商工リサーチ

最終更新:8/8(月) 13:30

東京商工リサーチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。