ここから本文です

ポケGOで補導31人 高校生中心、公園・路上で 配信後千葉県内

千葉日報オンライン 8/8(月) 11:22配信

 千葉県内の公園などで深夜から未明にかけて、スマートフォン向け人気ゲーム「ポケモンGO(ゴー)」をしていたとして、7月22日の配信開始から31日までの10日間で31人が補導されていたことが、県警少年課のまとめで分かった。

 同課によると、同期間に深夜徘徊(はいかい)で補導されたのは691人。このうちポケモンGO目的が確認できたのが31人で、理由があいまいなケースもあり「もっと多いかも知れない」(同課)。年齢幅は13~17歳で、高校生がほとんどを占め27人。中学生2人、その他2人。補導された時間帯は午後11時~午前0時が22人と最多で、同0~1時は8人。同3時も1人いた。

 補導された地域は千葉市をはじめ船橋市、松戸市、市川市、木更津市、君津市などで、補導場所は公園と路上が各12人で、駐車場は7人だった。

 同課では「深夜外出はトラブルに巻き込まれる可能性が高まるので注意してほしい」と話している。

最終更新:8/8(月) 11:28

千葉日報オンライン