ここから本文です

【インド】「牛の保護」を自称するグループは「反社会的」―モディ首相が非難

INDO WATCHER ビジネスプレミアム 8月8日(月)18時1分配信 (有料記事)

 西部のグジャラート州でダリット(旧不可触民階層)が「牛の保護」を掲げるグループによって襲撃を受ける事件が大きな波紋を呼んでいることに関連し、ナレンドラ・モディ首相は8月6日、襲撃を行ったグループを「反社会的だ」と非難した。PTI通信が同日付で報じた。

 「牛の自警団(cow vigilantes)」とも呼ばれるグループは、グジャラート州以外にウッタル・プラデシュやマディヤ・プラデシュ等の州でもダリットやイスラム教徒を暴行する事件を起こしているとされる。本文:850文字 この記事の続きをお読みいただくには、INDO WATCHER ビジネスプレミアムの購入が必要です。

  • 通常価格:
    378円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:8月8日(月)18時1分

INDO WATCHER ビジネスプレミアム