ここから本文です

コブクロ、黒田が楽器初挑戦も…サンプラー押すだけの演出に笑いと歓喜

MusicVoice 8/8(月) 12:38配信

 コブクロが1日、東京・豊洲PITで、1000人を無料招待した特別ライブ『Ghana presents コブクロ アコースティック プレミアムライブ』をおこない、新曲「tOKi meki」(トキメキ)を初披露した。また、普段は楽器を演奏しない黒田がこの日、初挑戦。サンプラーを押すだけの演出で、会場は笑いと興奮に包まれた。

 同ライブは、ロッテの特別キャンペーン「真っ赤なガーナキャンペーン2016」の一環。「tOKi meki」(トキメキ)は、ニューアルバム『TIMELESS WORLD』に収録されているロッテ・ガーナチョコレートの新CMソングとなっている。

 前回は「hana」という楽曲でロッテ・ガーナチョコレートのCMソングを担当したコブクロだが、今回の「tOKi meki」はアップテンポな楽曲になっており、車の運転を恋愛に例えた、キラキラした楽曲。

 今年のツアーでは25万人を動員するコブクロ。今回のライブは抽選1000人のファンの前でその歌声を披露。配信40万ダウンロードを突破しロングヒット中の「未来」や、普段はあまり聴くことがない懐かしい楽曲もと届けられた。

 今回、初パフォーマンスとなったアルバム収録曲「tOKi meki」では、黒田が楽器に初挑戦。黒田は普段、一切楽器を演奏しないため、小渕から「今日は黒田くんが初めて楽器を演奏します!」との一言に会場は大興奮に包まれた。

 初挑戦とは言いつつも、黒田の前に用意されたのはサンプラー。ボタンを押すと、『プップー』と鳴るだけの仕組みだ。黒田は何度もボタンを押し、会場を盛り上げた。

 ライブの中盤では、昨年からロッテ・ガーナチョコレートのTV CMソングとして放送中の「hana」も披露。また、配信が40万DLを超えた大ヒットソング「未来」も披露し、会場は感動に包まれた。

 そして、アンコール後のMCでは復活したお笑いコンビ極楽とんぼに話が及ぶ。まだデビュー当時に、極楽とんぼの関西の番組に出演させてもらい、バトミントン対決で完敗した話、また、“極楽とんぼ”にひっかけて、「Heaven’s Dragon Fly」という曲を作った事を語った。

 記憶力抜群の小渕と、記憶を振り絞った黒田で思い出して、「どんな高い山も飛べるかと」「すごく楽なスタイルで」などと、“山本”“加藤”“極楽”などと言ったワードを散りばめた楽曲を15年ぶりに披露した。

 ライブハウスという事で、今後始まるアリーナ・ホールツアーとは違った趣向でのライブだったが、プレミアムライブにふさわしい、貴重なアコースティックアレンジの全12曲を余すところなく歌唱した。

最終更新:8/8(月) 16:21

MusicVoice