ここから本文です

シャープ、三重工場で有機ELパネルの前工程。アップルへの採用目指す

ニュースイッチ 8月8日(月)7時40分配信

18年からの本格量産は亀山か鴻海の工場で

 シャープは2017年内に始める有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)ディスプレーパネル製造の前工程を三重工場(三重県多気市)で行う方針を固めた。18年に計画する本格量産は、亀山工場(三重県亀山市)の活用を検討している。同社は台湾・鴻海精密工業による買収が中国政府による独占禁止法の審査待ちで完了できず、協業を始められない状態。17年にも米アップルが発売する新型スマートフォンへの採用を目指し、独自に量産準備を進める。

 シャープは17年内に、鴻海と共同運営する大型液晶工場「堺ディスプレイプロダクト」(SDP、堺市堺区)で有機ELパネルの少量生産を始める計画。三重工場で有機ELパネル製造の前工程である回路基板を生産し、SDPでパネルに仕上げる。

 三重工場の回路基板生産能力はスマホ用パネル換算で月60万枚程度。亀山工場は液晶パネル製造も継続するため、本格量産時は鴻海グループの工場を活用する可能性もある。

【解説】
 ジャパンディスプレイ(JDI)が産業革新機構から金融支援を受けることも検討されている。アップルも韓国依存を下げるため、鴻海・シャープかJDIどちらかを調達先とするだろう。

最終更新:8月8日(月)7時40分

ニュースイッチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]