ここから本文です

【動画】続く猛暑 東・北日本は高波警戒(8日7時更新)

ウェザーマップ 8月8日(月)7時45分配信

ウェザーマップ

 きょう(8日)も、猛烈な暑さが続きます。また、台風の北上に伴って、太平洋側沿岸では大しけとなり、東日本と北日本を中心に風が非常に強く吹く見込みです。海水浴や海のレジャーなどは、なるべく控えるようにしてください。

 きょう、特に気温が上がりそうなのが、名古屋や甲府、岐阜などで38℃予想。西日本や東日本では35℃以上の猛暑日になる所が多く、北日本でも暑さが厳しくなりますので、熱中症には厳重な警戒が必要です。

 天気は、沖縄では雨で、午前中は雷を伴い非常に激しく降る所があるでしょう。その他は晴れる所が多いですが、東日本や北日本の太平洋側では不安定な天気となりそうです。

 大型の台風5号は、今後も北上を続け、こんやにも関東の東の海上に達する見込みです。太平洋側ではすでに海がしけとなっており、このあと大しけとなるでしょう。
 
 あす(9日)にかけて予想される波の高さは、北海道や東北、関東で6メートルなどとなっています。海水浴などはなるべく控え、危ない場所には近づかないようにしてください。また、東日本と北日本の太平洋側では風も非常に強く吹きますので、強風にも注意が必要です。
(気象予報士・多胡安那)

最終更新:8月8日(月)7時45分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。