ここから本文です

<北朝鮮写真報告>新世代の少女たち(3)  海水浴場の女子中学生 飢餓脱し笑顔が弾ける(写真4枚)

アジアプレス・ネットワーク 8月8日(月)6時20分配信

今回は2006年夏に撮影された映像を紹介したい。中学生の男女生徒ざっと100人が海水浴を楽しみ、歌や寸劇などを学芸発表する合宿の様子を撮影したものだ。

【関連写真を見る】 <北朝鮮写真報告>新世代の少女たち(2) 物乞いと商売とおしゃれ 少女の日常撮った

場所は北朝鮮第三の都市・清津(チョンジン)市。合宿に参加しているのは、咸鏡北道の中学校から選抜された少年団の「幹部」たちだ。映像は、金持ちの子供の親が、ビデオ業者を合宿に同行させて記念撮影させたもの。

参加しているのは一般庶民の子供たちではないが、真新しい水着や体操着を身に着けている。手入れの行き届いた合宿所では美味しそうな食事が出された。

子供たちは、皆、少し痩せ気味だけれど、笑顔を弾けさせて海水浴や学芸発表を楽しんでいた。

映像が撮影された時期は、90年代末の大飢饉が終息し、市場経済が爆発的な拡がりを見せている頃だ。混乱期の子供たちの不遇を思うと、少女たちの笑顔には安堵させられる。(石丸次郎)

※少年団には、小学2年生から初等中学3年生までのすべての子供が加盟する。北朝鮮国民として初めての組織生活だ。高等中学1年生からは青年同盟に移る。

最終更新:8月8日(月)10時47分

アジアプレス・ネットワーク

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。