ここから本文です

元・全日本社長の内田氏とジミー鈴木やターザン山本らがタッグを組み新団体『ダイアモンドスターズレスリング』を旗揚げ!

バトル・ニュース 8/8(月) 18:00配信

 7日、DSW運営委員会は9月25日に新団体『ダイアモンドスターズレスリング』を旗揚げすることを発表した。
 元・全日本プロレス社長の内田雅之氏がコミッショナーとなり、北米支部長にWRESTLE-1の北米支部長も務めていたジミー鈴木氏が就任。アドバイザーに元・週刊プロレス編集長のターザン山本氏が入り、元ゴングであり全日本プロレスにて裁いていたウォーリー山口氏がメインレフェリーへ。社長にはREINAの玉城杏経氏が入るというフロント側のカラーが非常に濃い団体となっている。

【Diamond Stars Wrestling 主要スタッフ】
■会長(CEO):島田秀雄
■社長(COO):玉城杏経
■北米支部長:ジミー鈴木
■審判部長:ウォーリー山口
■コミッショナー:内田雅之
■アドバイザー:ターザン山本

 DSW運営委員会は旗揚げの経緯として、
『現在、日本には数え切れないほど多くのプロレス団体が乱立しています。一時は「プロレス冬の時代」と言われ、総合格闘技のイベントが台頭した頃など、プロレスというジャンル自体の存続が危なまれましたが、プロレスはしぶとく生き延びてきました。

 そして昨今は「新日本プロレスの独り勝ち」とも言われている現状ではありますが、団体の数、そして選手の数がもの凄く増えたのにも関わらず、どの団体も同じような型にはまったようなプロレスで、どの団体を観に行っても同じようなプロレスが行われているという印象が私たちにはあります。第1試合からメインイベントまで、みんな同じようなスタイルで綺麗な、まるで時代劇の殺陣のようなプロレスを行うことは、良くいえばハズレがないのですが、悪く言えばまったく「戦い」にみえません。

 私たちが今回、立ち上げますダイヤモンドスターズプロレスリングでは、第1試合からメインイベントまで「何が飛び出すかわからない、おもちゃ箱」のような、すべてまったく違った色のプロレスを見ていただこうと思っています。アメリカンプロレスあり、伝統的ジャパニーズスタイルのプロレスあり、異種格闘技戦あり、ルチャリブレあり、女子プロレスあり…。その第1弾興行を9月25日、新木場1stRINGで行なうことになりました。

 百聞は一見にしかずと言います。私どもが打ち出します古くも新しい温故知新のプロレスをぜひご覧いただけましたら幸いです』
と報告。

 あわせて、現時点で決定している対戦カードと見どころを発表した。

『ダイアモンドスターズレスリング 旗揚げ興行』
日程:2016年9月25日(日曜日)
開場:11:30 開始:12:00
会場:新木場1stRing
主催:明和エンターテインメント株式会社 
事務局:DSW運営委員会

【旗揚げ戦決定対戦カード】
▼セミファイナル~これぞ名人戦!ブリティッシュ スーパースラム選手権~
ディーン・オールマーク
vs
田中稔

『セミファイナルは、“プロレスの神様“カール・ゴッチや”人間風車“ビル・ロビンソンなど、歴史に残る数々のプロレスの達人たちを輩出してきたイギリスのプロレス界からディーン・オールマークを招へいします。ゴッチやロビンソンが身につけた「キャッチ・アズ・キャッチ・キャン」の言葉であまりにも有名なランカシャー・スタイルのレスリングの申し子がディーン・オールマークです。イギリスに30以上あるプロレス団体の中で最古最大の団体で45年の歴史を誇る「オールスター・プロレスリング」の絶対エースでもあります。
 ブリティッシュ・ヘビー級、同ライトヘビー級、スーパースラム王座、タッグ王座などイギリスにあるメジャーなベルトはすべて巻いた経験があり、小さな体で大男をも倒してしまう実力は当代英マット界でナンバーワン。イギリス遠征に行った獣神サンダーライガーにさえ完全勝利を収めています。2014年7月6日に行われたWrestle-1の両国国技館大会で、当時、新人の域を出なかった吉岡世紀選手を相手に観る者すべての度肝を抜き、その実力の片鱗を見せたことを記憶している方もいると思います。

 今回は日本におけるプロレスの達人である田中稔とのシングル対決。その時点でオールマークがベルトを持っていればタイトルマッチとなります。田中稔との「名人戦」は、年間最高試合レベルの内容が期待されます』

▼メインイベント NWA世界タッグ選手権試合
【王者組】ロブ・コンウェイ/マット・リベラ
vs
【挑戦者組】“テリーマン”ロブ・テリー/X

『メインイベントでは、プロレスの本場アメリカからNWA(National Wrestling Alliance)の現役世界タッグ王者を呼んで「古きよき時代のアメリカンプロレス」=アメリカンクラシックをお見せいたします。
 王者チームのロブ・コンウェイは元WWEスーパースターズにも関わらず、オールドスクールのアメリカンプロレスの伝承者であり、職人芸が光る元NWA世界ヘビー級王者。現在、世界タッグ王者でありながらも世界ヘビー級王座の第1コンテンダーのポジションに君臨しています。
 パートナーのマット・リベラはNWAの激戦区であるテネシー地区で、ここ2~3年メキメキと台頭し、あっという間に世界タッグ王座についてしまった選手です。この選手の特徴は「大変頭のいい選手」ということです。それを買われて、百戦錬磨のコンウェイが自らのタッグパートナーに抜擢し、王座獲りに成功しました。

 一方、挑戦者チームですが、“テリーマン”ことロブ・テリーがTNAのスーパースター・ロスターから飛び出して私たちのリングにやってきます。ロブ・テリーは全盛時代のハルク・ホーガンを大幅に上回る日本のプロレス史上にも例がないほどの体格の持ち主です。2年前Wrestle-1に来日した時は「未完の大器」といった感じでしたが、それから2年の歳月をかけTNAなどのリングで養った経験で、とうとう「本物」となったわけです。
 筋肉自慢の選手は大抵、近くでみると「こんなに小さいの?」というパターンが多いのですが、ロブ・テリーはサバ読み一切無しの190cm越え。世界マット最高のモンスターといえます。
 そのパートナーに関しては現在、交渉中です。プロレスの巧い選手、かつロブ・テリーと組ませることで、両チームの実力のバランスが取れて、観ている人が「どっちが勝つか予想がつかない」という状況にもっていける選手を考えています。観る前の時点では勝敗予想が困難な組み合わせも私どもの団体の大きな特徴のひとつです』

他にも女子プロレスを含め、全4~6試合を予定しているとのことだ。

最終更新:8/8(月) 18:00

バトル・ニュース