ここから本文です

後藤真希、“ママ同士”のお付き合いを明かす。「この先保育園?幼稚園?とかもっと凄いんだろうな~」

E-TALENTBANK 8月8日(月)12時5分配信

後藤真希が、8月5日、自身のブログで“ママ同士”のお付き合いについて語った。

後藤は、8月5日「こんにちはカラノ」と言うタイトルでブログを更新。「最近と言うか、今日もだけど、外出先で娘とオモチャのあるルームにお邪魔して遊んでいると、そこで一緒になった子供達のお母さんとこんにちは~カラノ会話が」と、外出先でママ同士の交流をしていることを明かした。

「娘がいなかったら今まであんまり経験する事のない感じ。(近所のおばさま達やおじ様達はよくあるけども)ママ同士でとっても新鮮です。こーゆうのがあると、あー、私も母なのね。と、嬉しくなります。」と、母親としての実感を新たに感じている様子だった。

また「この先保育園?幼稚園?とかもっと凄いんだろうな~」と、近い将来を見据えているコメントもしていた。

これに対してファンからは「挨拶からのママ友できるとよいね」「お子さんがいるとママ友が増えますね」「ママの世界が広がりますね!出会いを大切に」「まきさんとキッズスペースで会いたいー!」「ママ友になりたかったよ!笑」「ごっちんとママ友になれる人は羨ましいなぁ。」とコメントが寄せられていた。

最終更新:8月8日(月)12時5分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。