ここから本文です

世界のCM 2万本見放題 福岡・東峰村にオープン

qBiz 西日本新聞経済電子版 8/8(月) 16:01配信

 世界のコマーシャル映像を上映する催し「世界のCMフェスティバル」で紹介されたCMが視聴できる「フィルムライブラリー」が6日、東峰村宝珠山の旧宝珠山中学校にオープンした。プロデューサーのフランス人、ジャンクリスチャン・ブーヴィエさん(67)は「世界中のCMが見放題。CM研究やレジャーで使ってほしい」と話している。

金曜夜~土曜朝「駐車料7500円」の理由を調べた

 フェスタは「国やジャンルを超えたCMを楽しんでほしい」と、福岡市で1999年にスタート。毎年、同市や東京などで、各国の食や動物、車などのCMを上映している。ライブラリーには18年間に世界約50カ国から集めた2万本以上を収蔵。約100年前にフランスで作られた洗剤のCMや、九州各地のご当地CMなど「名作」が楽しめる。ライブラリー利用は無料だが、事前申し込みが必要。

 オープニングセレモニーは無料で6日午後4時半から。関連行事として近くの村音楽堂で、同2時と同7時から、CMフェスタを行う。投げ銭(心付け)制。ライブラリー申し込みはCMフェスタ事務局=092(843)7370。

西日本新聞社

最終更新:8/8(月) 18:02

qBiz 西日本新聞経済電子版

なぜ今? 首相主導の働き方改革