ここから本文です

世界のCM 2万本見放題 福岡・東峰村にオープン

qBiz 西日本新聞経済電子版 8月8日(月)16時1分配信

 世界のコマーシャル映像を上映する催し「世界のCMフェスティバル」で紹介されたCMが視聴できる「フィルムライブラリー」が6日、東峰村宝珠山の旧宝珠山中学校にオープンした。プロデューサーのフランス人、ジャンクリスチャン・ブーヴィエさん(67)は「世界中のCMが見放題。CM研究やレジャーで使ってほしい」と話している。

金曜夜~土曜朝「駐車料7500円」の理由を調べた

 フェスタは「国やジャンルを超えたCMを楽しんでほしい」と、福岡市で1999年にスタート。毎年、同市や東京などで、各国の食や動物、車などのCMを上映している。ライブラリーには18年間に世界約50カ国から集めた2万本以上を収蔵。約100年前にフランスで作られた洗剤のCMや、九州各地のご当地CMなど「名作」が楽しめる。ライブラリー利用は無料だが、事前申し込みが必要。

 オープニングセレモニーは無料で6日午後4時半から。関連行事として近くの村音楽堂で、同2時と同7時から、CMフェスタを行う。投げ銭(心付け)制。ライブラリー申し込みはCMフェスタ事務局=092(843)7370。

西日本新聞社

最終更新:8月8日(月)18時2分

qBiz 西日本新聞経済電子版

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]