ここから本文です

男子はアルゼンチンが中国を下して優勝 [ワールドジュニアテニス]

THE TENNIS DAILY 8/8(月) 5:30配信

「ワールドジュニア 決勝大会(男女14才以下 国別対抗戦)」(チェコ・プレステヨフ/8/1~6/クレーコート)の最終日は決勝トーナメント決勝などが行われ、男子は第5シードのアルゼンチン(グループB・1位)が第3シードの中国(グループC・1位)を2-0で下して優勝を飾った。

 日本男子は予選リーグ・グループDで最下位となり、13-16位トーナメントに進出。大会5日目に行われたメキシコ(グループA・4位)との13位決定戦に3-0で勝利し、13位が確定していた。

 日本はアジア/オセアニア予選(タイ・バンコク/4月18~23日)で3位となり、3年ぶりに決勝大会進出を果たしていた。

※[ ]数字はシード順位

     ◇   ◇   ◇

ワールドジュニア男子日本代表
監督◎櫻井準人
選手◎吉村大生(志津テニスクラブ)、三井駿介(アクトスポーツクラブ)、石井涼太(INABA T.S)

<決勝トーナメント結果>

【決勝】

○アルゼンチン[5](グループB・1位)2-0 ●中国[3](グループC・1位)

------------

【3-4位決定戦】

●韓国[7](グループA・1位)0-2 ○アメリカ[6](グループD・1位)

------------------------

<13-16位トーナメント結果>

【15-16位決定】

●チュニジア(グループB・4位)0-3 ○エクアドル(グループC・4位)

------------------------

◎最終順位

1位 アルゼンチン
2位 中国
3位 アメリカ
4位 韓国
5位 イタリア
6位 ウルグアイ
7位 チェコ
8位 ルーマニア
9位 フランス
10位 イギリス
11位 スロバキア
12位 タイ
13位 日本
14位 メキシコ
15位 エクアドル
16位 チュニジア

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:8/8(月) 5:30

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。