ここから本文です

レスターを打ち砕くイブラの決勝弾 コミュニティ・シールドを制してモウリーニョ、マンUで初タイトル

theWORLD(ザ・ワールド) 8/8(月) 8:10配信

バーディの同点弾で追いつくも……

現地時間7日、プレミアリーグ王者とFAカップ王者が対戦するFAコミュニティ・シールドで、レスター・シティとマンチェスター・ユナイテッドが激突した。

試合はウェンブリー・スタジアムで行われ、新シーズンからジョゼ・モウリーニョ監督が指揮官を務めるマンチェスター・ユナイテッドは、新加入のDFバイリー、FWイブラヒモビッチが先発で出場。レスターは日本代表FW岡崎慎司がスタメンで起用され、チェルシーに移籍したMFカンテを除いて、昨季奇跡の優勝を成し遂げた不動のメンバーが並んだ。

序盤はユナイテッドがボールを保持してレスターがカウンターを狙う展開に。だが互いに守備陣が健闘しなかなか決定機にまで持ち込めない。すると立て続けに岡崎にチャンスが巡ってくる。19分、バーディのドリブル突破からパスを受けた岡崎が狙いすましたシュートを放つ。その後21分にもCKのチャンスからニアサイドに走りこんだ岡崎が頭で合わせたが、惜しくもクロスバーを叩いた。

ここまで集中した守備力を発揮し、幾度か決定機を作り出していたレスターだったが、マンチェスター・ユナイテッドはこの局面を個の力で打開する。32分、MFリンガードが中央でドリブルを仕掛け、レスターDF2人を抜き去って突破すると、GKシュマイケルとの一対一を制して先制に成功した。

ユナイテッドが1点をリードして迎えた後半。レスターのラニエリ監督は岡崎に代えて新加入のFWムサを投入し、スピードを持ち味とするバーディとムサを2トップに並べ、MFオルブライトンに代えてMFグレイをピッチに送り込んだ。すると52分、MFフェライニのバックパスを奪ったバーディが、GKデ・ヘアをかわしてゴールネットに流し込み同点に追いついた。

その後拮抗した展開が続いていたが、新加入のFWイブラヒモビッチが決定力を見せつける。83分、バレンシアが右サイドを突破してクロスを送り込むと、イブラヒモビッチがヘディングを得意とするDFモーガンに競り勝ってヘディングシュートを叩き込み、勝ち越しゴールを決めた。

レスターは、途中出場したDFエルナンデスのロングスローからユナイテッドゴールに迫るも、同点に追いつくことができないまま試合終了を迎えた。その結果、マンチェスター・ユナイテッドがレスターに2-1で勝利し、ジョゼ・モウリーニョ監督はユナイテッドで初タイトルを手にした。

[メンバー]
レスター・シティ:シュマイケル、シンプソン(→エルナンデス63)、モーガン、フー卜(→ウジョア 89)、フクス(→シュラップ 80)、マフレズ、ドリンクウォーター、キング(→メンディ 63)、オルブライトン(→グレイ46)、岡崎(→ムサ 46)、バーディ

マンチェスター・ユナイテッド:デ・ヘア、バレンシア、バイリー、ブリント、ショー(→ロホ 70)、キャリック(→エレーラ 60)、フェライニ、リンガード(→マタ 64→ムヒタリアン 90)、ルーニー(→シュナイデルラン 88)、マルシャル(→ラッシュフォード 70)、イブラヒモビッチ

[スコア]
レスター・シティ 1-2 マンチェスター・ユナイテッド

[得点]
レスター・シティ:バーディ(52)
マンチェスター・ユナイテッド:リンガード(32)、イブラヒモビッチ(83)

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8/8(月) 8:10

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]