ここから本文です

【スーパーGT 第5戦 富士】カルソニックGT-Rが2位に大差をつけポール・トゥ・ウィン!ホンダ勢も2-3位と好調

オートックワン 8月8日(月)14時50分配信

8月6日・7日、富士スピードウェイにおいて「スーパーGT 第5戦」が開催され、GT500クラスでは、ポールスタートの#12 カルソニック IMPUL GT-R(安田裕信/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)が序盤からリードを広げ、2位に25秒以上の差をつけ今シーズン初優勝を飾った。

>>第5戦富士 フォトギャラリー

2位は#17 KEIHIN NSX CONCEPT-GT(塚越広大/小暮卓史)、3位には#100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GT(山本尚貴/伊沢拓也)が入り、今季不調続きだったホンダ勢が好調で、後半戦の巻き返しにかかる。

また、GT300クラスでは、激しい競り合いの末、#55 ARTA BMW M6 GT3(高木 真一/小林 崇志)が2位の#21 Hitotsuyama Audi R8 LMS(リチャード・ライアン/藤井 誠暢)に対し、0.106秒の僅差で優勝した。3位には#61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口 卓人/山内 英輝)が入った。

決勝リザルト(GT500クラス)

(1)#12 カルソニック IMPUL GT-R

(2)#17 KEIHIN NSX CONCEPT-GT

(3)#100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GT

(4)#1 MOTUL AUTECH GT-R

(5)#36 au TOM’S RC F

(6)#8 ARTA NSX CONCEPT-GT

(7)#38 ZENT CERUMO RC F

(8)#39 DENSO KOBELCO SARD RC F

(9)#6 WAKO’S 4CR RC F

(10)#19 WedsSport ADVAN RC F

(11)#64 Epson NSX CONCEPT-GT

(12)#37 KeePer TOM’S RC F

(-)#46 S Road CRAFTSPORTS GT-R

(-)#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R

(-)#15 ドラゴ モデューロ NSX CONCEPT-GT

1/2ページ

最終更新:8月8日(月)14時50分

オートックワン