ここから本文です

総合商社6社 4―6月、金属関連 得意分野で明暗 純利益3社が減

日刊産業新聞 8月8日(月)11時15分配信

 総合商社6社の2016年4―6月期連結決算が5日出そろい、金属関連部門の純損益は、三井物産が増益、三菱商事が黒字転換したが、丸紅、伊藤忠商事、住友商事の3社が減益となり、双日は赤字転落した。鉄鉱石、原料炭など資源価格が低位安定する中、在庫評価損や減損処理などの一過性影響は薄れつつあるが、得意分野によって明暗が分かれ、収益回復の足取りも鈍い。

最終更新:8月8日(月)11時15分

日刊産業新聞