ここから本文です

ものづくりに興味を 児童鋳物作り体験/富山

チューリップテレビ 8/8(月) 9:33配信

 伝統産業に触れることでものづくりに興味を持ってもらおうと高岡市では子どもたちを対象にした鋳物作り体験教室が開かれています。

 これは高岡市が400年以上の歴史を誇る「銅器・鋳物技術」の魅力を体験を通して学んでもらおうと、高岡銅器振興組合が企画したもので、今年も地元の小学生40人が参加しました。
 児童らが挑戦したのは、錫(スズ)製のバングル作り。
 職人から手ほどきを受けると児童らは慣れない手つきで型の中に砂を入れたり、220度に熱した錫(スズ)を慎重に流しこんでいました。
 完成品は夏休みの思い出として家に持ち帰るということです。

チューリップテレビ

最終更新:8/8(月) 9:33

チューリップテレビ