ここから本文です

男子シングルス決勝は野口莉央(湘南工大附)と田中優之介(秀明英光)の関東対決に [インターハイ/テニス]

THE TENNIS DAILY 8/8(月) 7:30配信

 第73回全国高等学校対抗テニス大会および第106回全国高等学校テニス選手権大会(中国インターハイ・テニス競技/8月2~4日団体戦、5~8日個人戦/松江市営庭球場、安来運動公園庭球場)の大会6日目は松江会場で個人戦の男女シングルス準々決勝、準決勝、個人戦の男女ダブルス準決勝が行われた。

松田美咲(浦和学院)と細木咲良(開星)が女子シングルス決勝で激突 [中国インターハイ]

 男子シングルスのベスト8には7人の3年生が残った。すべて団体戦にも出場してS1を務めたエースたちだ。ただ、武藤洸希(大成)は唯一の2年生で団体戦ではS2を任されている。準々決勝からは3セットマッチ。頂点に向けて熱い戦いが繰り広げられた。

 湘南工大附(神奈川)の野口莉央は準々決勝で藤井颯大(同志社国際)を6-3 6-4で下すと、準決勝でも横尾淳司(大分舞鶴)に6-2 6-1の快勝。灼熱の太陽の下、汗が滝のように流れる中、2試合ともストレート勝ちで決勝へ進んだ。

「とにかく疲れました」と野口。それでも笑顔なのは、「今日は2試合とも自分からポイントを取りにいく攻撃的なプレーができた」からだ。炎天下の消耗戦だが、「日頃から練習で鍛えている。体力は負けない自信があります」と言いきった。

 準々決勝で武藤に6-2 6-4で勝った横尾だが、野口には3ゲームしか奪えなかった。「ラリー力が違った。ボールが深く、先に攻めることができなかった」と悔しさいっぱい。それでも大分県から初のベスト4入りは高く評価できるだろう。シュアなストロークときびきびした動きが印象に残る。

 もう一方の準決勝は、田中優之介(秀明英光)と山尾玲貴(柳川)の対決となった。田中は準々決勝で第1シードの今村昌倫(清風)に7-6(5) 6-3、山尾は3冠(団体・個人単複)を狙う大島立暉(相生学院)を6-2 7-6(5) で退けての決勝進出となった。

 第1セットは田中が6-3で先取するも、第2セットは山尾が6-3で奪い返す。一進一退の攻防が続いたが、第3セットは田中が5-2とリード。しかし、ここから山尾が一気の4ゲーム連取で6-5と逆転に成功。田中も第12ゲームを意地でもぎとり、勝敗の行方はタイブレークに持ち込まれた。

 勝利の女神は田中に微笑んだ。ポイント3-3から4ポイント連取で決着。「(第3セット5-2から)守りに入ってしまった。逆転されてからは失うものはないと思って戦った。最後は何とか打ち勝つことができました」と田中が勝因を口にした。

 山尾は「このままでは終われない」と第3セットの逆転劇を振り返ったが、6-5としたところで「硬くなってしまった」と悔やんだ。しかし「最後は相手がいいプレーをしてきたので攻めきれなかった。特にフォアの強打で押されてしまった」と勝者を称えた。

 明日8日の男子シングルス決勝は、野口と田中の関東対決となった。関東地区大会の決勝は6-2で野口が勝っているが、非常に荒れた天気で「まったく参考にならないと思います」と野口が言う。ともに福岡県出身でジュニア時代から「勝ったり負けたりの繰り返し」と田中。明日はインターハイ決勝という大舞台。全国タイトルをかけて熱い戦いになりそうだ。

 相生学院対決となったダブルス準決勝は、第2シードの大島/菊地裕太が大野翼/金子拓矢を4-6 6-4 6-2で下して決勝に進出。もう一方の準決勝は、第1シードの今村昌倫/小清水拓生(清風)が3-6 6-4 7-6(4)で田中優之介/田中隆輔(秀明英光)を倒し、明日のダブルス決勝はトップ2シードの激突となった。

 明日、8月8日の大会最終日は松江会場で、男女の個人戦シングルス決勝が9時、ダブルス決勝が9時30分から行われる予定。

(テニスマガジン◎編集部/牧野 正)

最終更新:8/8(月) 7:30

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]