ここから本文です

人気イベントが東北でも開催!「アメフェス in 東北」イベントレポート

オートックワン 8月8日(月)18時30分配信

アメリカ車ファンには昔からお馴染みの一大イベント「アメフェス」。

日本最大級のアメリカンモータースポーツイベントとして知られ、富士スピードウェイや大阪の舞洲などでの開催では万単位の観客を集める大人気イベントだが、そのアメフェスがついに東北エリアへ進出した!

人気イベントが東北でも開催!「アメフェス in 東北」イベントレポート [画像25枚]

7月31日にスポーツランドSUGOで「アメフェス in 東北」として、宮城県での初開催が実現!

しかも今回のアメフェスは、アメリカ車の愛好家のためのイベントという本来の志向とは少し趣きを変え、クルマの種類にとらわれないオールジャンルユーザー向けのプログラムが用意された。

アメリカ車カスタム界の有名ブランドショップの出展が中心であり、ステージMCはアメリカ車ファンにとってのカリスマIKURA氏が務めるなど、従来のアメフェスらしさを大事に継承しながら、これまでのアメフェスにはなかった新しい内容が盛り込まれている。

それを最も象徴するのが、ジムニートライアルレースの全国大会である「ジムニースーパートライアルチャンピオンシップ」の開催だ。

もともとは2000年に岩手県で誕生したジムニーのタイムトライアル競技で、今では全国規模のチャンピオンシップとして展開。様々なカスタムが施されたジムニーで特設コースのタイムを競う。

ボディサイズやエンジン排気量は大きく異なるが、SUVをリフトアップさせたりオフロードタイヤを履かせたりするカスタム文化はアメリカンSUVでも昔から主流なので、ジムニーとアメリカ車は意外と共通する部分が多いことを実感。

アメフェスの会場でカスタムされたジムニーがド派手に暴れまわるシーンは違和感がないどころか、むしろアメフェスにピッタリのプログラムであると感じた人は多かったはずだ。

展示ブースエリアでも、ジムニーのカスタムカーは超弩級的な個性派ぞろいのアメリカンSUVやフルサイズのバンと並んでも違和感なく溶け込み、強い存在感を発揮していた。

1/2ページ

最終更新:8月8日(月)18時30分

オートックワン