ここから本文です

【MLB】3000安打へ王手のイチロー、3打席目も遊ゴロで凡退 6番でスタメン出場

Full-Count 8月8日(月)5時24分配信

前日に三塁内野安打で2999安打に、8試合ぶりに先発出場

 マーリンズのイチロー外野手は7日(日本時間8日)、敵地でのロッキーズ戦で「6番・中堅」で8試合ぶりに先発出場。1回の第1打席は空振り三振、3回の第2打席は投ゴロ、4回の第3打席は遊ゴロに倒れた。6日(同7日)の試合で代打で三塁内野安打を放ち、メジャー通算2999安打。史上30人目のメジャー通算3000安打へ王手をかけて、この試合に臨んでいる。

MLBの歴史に名を残すイチロー…MLB歴代通算安打&盗塁数ベスト50、イチロー年度別成績

 試合前、イチローの名前が敵地にコールされると、大きな歓声が起こった。最初の打席は初回、マーリンズが2点を先制し、なおも1死一、三塁の好機で打席が回る。大歓声で迎えられ、1球1球にどよめきが起こる。しかし、カウント2-2からの5球目右腕グレイの直球に空振り三振に倒れた。

 2打席目は3回、4-0で迎えた1死走者なしで打席へ。ここでは低めへの変化球を打ち投ゴロに倒れた。3打席目は5回2死一塁。ピッチャーは2番手の左腕ラシン。1ボール2ストライクから外角低めの直球を打ったが、ピッチャーのグラブに触れてから、ショートのアダムスが捕球。一塁に送球し、アウトとなった。

 イチローは7月29日(同30日)の本拠地カージナルス戦で二塁打を放ち、3000安打の偉業へ残り「2」としてから11打席連続無安打と足踏み。しかし、6日に12打席ぶりヒットを放った。試合後、マーリンズは7日にイチローが先発出場することを発表していた。

 これがロッキーズとの3連戦最終戦で、8日(同9日)からは本拠地に戻ってジャイアンツ、ホワイトソックスと6試合を戦う。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月8日(月)7時1分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)