ここから本文です

東海カーボン、黒鉛電極の業界再編 年内にも方向性示す

日刊産業新聞 8月8日(月)11時18分配信

 東海カーボンの長坂一社長は5日の決算説明会で、中期経営計画「T―2018」の進ちょくについて、「中計としては本年が初年度のフェーズ1だが、私がかじ取りしてから1年半で5合目、目標の半分。達成にはもう1年半かかる」とし、コーポレート部門強化や人材の活性化、技術復権など意識改革、各事業での施策を示した。

 ファインカーボン事業については、「30%のレイオフを年内に完遂し、扱う素材を3つ(等方性黒鉛、押出成形黒鉛、電気用ブラシ)に集約していく」とし、同業他社とのアライアンスは、年内から来年上期まで方向性を示す意向とした。

最終更新:8月8日(月)11時18分

日刊産業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]