ここから本文です

松田美咲(浦和学院)と地元・島根の細木咲良(開星)が決勝で激突 [インターハイ/テニス]

THE TENNIS DAILY 8月8日(月)8時0分配信

 第73回全国高等学校対抗テニス大会および第106回全国高等学校テニス選手権大会(中国インターハイ・テニス競技/8月2~4日団体戦、5~8日個人戦/松江市営庭球場、安来運動公園庭球場)の6日目は松江会場で、個人戦の男女シングルス準々決勝、準決勝、個人戦の男女ダブルス準決勝が行われた。

男子シングルス決勝は野口莉央(湘南工大附)と田中優之介(秀明英光)の関東対決に [中国インターハイ]

 女子はトップシードの松田美咲(浦和学院)が準々決勝で1年生レフティーの吉岡希紗(四日市商)を6-2 6-3で下すと、続く準決勝では団体準優勝の沖縄尚学エース、下地奈緒を4-6 7-6(3) 6-1の逆転で破り、インターハイ初の決勝進出を果たした。

 準決勝の序盤は下地が試合を優勢に進め、松田を左右に振って第1セットを6-4で取った。しかし、「流れが相手に向いたわけではなかったし、次のセットを取る自信はあった」と松田。第2セットは一進一退の攻防となり、タイブレークまでもつれたが、1ポイント目からギアを上げた松田が7-3で奪い返した。

 試合を五分に戻した松田は、ファイナルセットは形勢を逆転させ、一気に攻めて6-1で決めた。下地は守備に回るしか手がなかった。

 もうひとりのファイナリストは島根県出身の細木咲良(開星)となった。地元の声援を一身に集め、力に変えて臨んだ準々決勝で、1年生の川岸七菜(法政二)に6-0 6-2で快勝。続く準決勝では同じ2年生の末野聡子(芦屋学園)を3-6 7-5 6-4で下して決勝進出を決めた。

 末野は準々決勝で、春の高校選抜個人戦で優勝し、全米オープン・ジュニア予選(8月末~)に出場予定の清水映里(山村学園)を3-6 6-3 7-5の逆転で破って勝ち上がった。

 第1セットは末野が奪ったが、第2セットに入ると、細木が得意の両手打ちフォアハンドをさく裂させてエースを増やしていく。7-5で試合をイーブンに戻した。

 このあと勝者と敗者の差となったのは“疲労”だ。「今日は昨日(1~4回戦)よりも動けた」と語った細木に対して、末野は単複で勝ち残っているがゆえに「最後は動けなかった」。ファイナルセットの4-4で迎えた第9ゲームで細木がブレークして、最後は自分のサービスゲームをしっかり決めた。

 決勝を戦う松田と細木は初対戦だ。「高校最後のインターハイ。このタイトルは絶対に獲りたい」と話す松田に対して、細木は「相手は1シードなので(こちらは)挑戦者の気持ちで臨める。地元優勝へのプレッシャーも感じるが、応援してくれる島根の方に、優勝して恩返しがしたい」と心境を語った。

 シングルスの準々決勝で松田に敗れたあと、下地は「悔いのないプレーができた」と笑顔を見せた。自分自身が満足できる内容だったため、その後、行われたダブルスの準決勝では「気持ちを切り替えやすかった」と言い、我那覇真子とのペアで浦上真帆/末野聡子(芦屋学園)を6-0 6-3で破り、決勝に進出した。

「自分たちのプレーができれば優勝できる」と下地。我那覇は「相手は気合いがあるチーム。自分たちも声を出して気持ちの部分で負けないようにする」と気を引き締めた。

 そしてダブルス決勝の相手は、準決勝で富永まどか/前川真里奈(静岡市立)を7-5 6-0で下した米原さくら/浮田侑花(秀明英光)に決まった。

 大会最終日の8月8日は松江会場で、男女の個人戦シングルス決勝が9時、ダブルス決勝が9時30分から行われる予定。

(テニスマガジン◎編集部/中野恵太)

最終更新:8月8日(月)8時0分

THE TENNIS DAILY