ここから本文です

豪雨による土砂崩れで38人死亡、熱帯低気圧が直撃 メキシコ

AFPBB News 8/8(月) 12:00配信

(c)AFPBB News

【8月8日 AFP】メキシコを直撃した熱帯暴風雨「アール(Earl)」の影響で土砂崩れが発生し、当局の発表によると7日までに少なくとも38人が死亡した。

 中部プエブラ(Puebla)州では家屋が土砂にのみ込まれ、未成年者15人を含む28人が死亡した。同州ワウチナンゴ(Huauchinango)では例年の月間降水量に相当する雨がわずか1日に降り注いだという。州全体で約200人が自宅を失った。

 プエブラ州の東に位置するベラクルス(Veracruz)州でも土砂崩れにより10人が死亡した。州内では複数の河川が増水し、多数の住民が避難を余儀なくされた。

 米国立ハリケーンセンター(NHC)によると、カリブ海(Caribbean Sea)で発生したハリケーン「アール」は3日、ベリーズの首都ベルモパン(Belmopan)のすぐ南を直撃。メキシコ政府は洪水を危惧し、ベリーズとの国境地帯にあるメキシコ南東部キンタナロー(Quintana Roo)州の河川地帯に居住する300家族を避難させるなどの対策を取っていた。

 NHCによるとその後アールは勢力を弱めて熱帯暴風雨となり、4日にメキシコに上陸して強い雨と風をもたらした。

 一方、メキシコには新たに発生した熱帯低気圧「ハビエル(Javier)」が近づいている。米気象予報当局によると、今後数日でメキシコ南西部に豪雨や強風をもたらすと予想されている。映像は、ベラクルス州の被災地。7日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:8/8(月) 14:32

AFPBB News