ここから本文です

【MLB】ダルビッシュ7回5安打8K無失点の快投も3勝目ならず、チームは延長勝利

Full-Count 8/8(月) 7:09配信

勝利の権利を持って降板も、救援が9回裏同点に追いつかれて白星消える

 7日(日本時間8日)敵地でのアストロズ戦に先発したレンジャーズのダルビッシュ優投手は、7回5安打8奪三振無失点の快投を披露したが、3勝目に届かなかった。今季2度目の無四球登板で相手打線を圧倒し、1点リードの7回を投げ終えて降板したが、9回に抑えダイソンが同点とされ、3勝目は不意に。だが、チームは延長11回の末、5-3で勝利した。

ダルビッシュ有のNPB・MLBでの年度別通算成績

 初回を3者凡退でスタートしたこの日は、序盤から速球は95マイル(約153キロ)に達するなど快調に飛ばした。2回も3者凡退で、この日初めての安打は3回先頭リードの右前打だった。だが、後続3人をしっかり打ち取って二塁を踏ませず。4回にも2氏からコレアにレフトへ二塁されたが、続くギャティスを空振り三振に仕留めて事なきを得た。

 5回の攻撃で新女房ルクロイの適時打で1点先制に成功。すると、5回裏をわずか8球で3者凡退として相手の勢いを削ぐと、6回には2死一塁からアルテューベのセンター前安打で一、三塁とピンチを迎えるも、コレアを三塁ゴロに打ち取って難を逃れた。

 7回も先頭ギャティスに中前打されて走者を背負うが、後続を打ち取って無失点。結局、1点のリードを守ったまま、7回を無失点に抑える快投で3勝目の権利を持ってマウンドを下りた。

 味方打線は7回に2点追加して3点リードに広げるも、救援のジェフレスとダイソンが打たれて同点に追いつかれ、ダルビッシュの白星は消えた。

 だが、レンジャーズは延長11回に2点勝ち越しに成功。同地区2位のアストロズに2連勝を収め、ゲーム差を7.5ゲームに広げた。

 ダルビッシュは先発ローテ通りなら、次回は12日(同13日)本拠地でのタイガース戦に先発することになる。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/8(月) 7:09

Full-Count