ここから本文です

【高校野球】開幕戦大会1号の鳴門4番・手束 驚異の打球スピードで仲間直撃のハプニング

Full-Count 8月8日(月)7時23分配信

記念すべき大会第1号を放った鳴門の4番打者

 第98回夏の甲子園。記念すべき大会第1号を放ったのは鳴門の4番・手束海斗外野手だった。5年連続の出場の同校で、手束海斗も3年連続で出場。昨年から4番を務めている強打者は7日の佐久長聖戦でレフトスタンドに豪快弾をたたきこんだ。

過去10年の各球団ドラフト指名選手一覧

 冬場のトレーニングが功を奏して、打撃力はさらにアップ。本塁打を量産してきた。その打球の強さは仲間も感嘆するほど。4番の進化を目の当たりにしてきた。そしてこの日、アクシデントが起きた。

 佐久長聖戦。手束のファウルの打球が三塁コーチャーボックスの斎藤龍之輔選手を直撃してしまった。チーム内では俊敏なタイプの選手だが、その斎藤がよけきれないほどの打球スピードだったようだ。斎藤の左ひざは腫れてしまった。痛みをこらえられず、思わずポケットに入れて持っていたコールドスプレーを患部にシューッと吹きかけ、患部の腫れを和らげた。

 開会式直後の試合だったため、ほぼ満員の前で起こったハプニング。打球が当たることはプロでもまれにあるが、自分で自分の足にスプレーをかけるのは異例。そのため、斎藤へ向けた拍手とちょっとした笑い声が場内に起きた。それも手束の打球の速さがあったからこそ起きた出来事。開幕戦に勝利した鳴門の手束のスイングと打球から、今後も目が離せない。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月8日(月)7時23分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。