ここから本文です

被害額7200万ドル! 香港のビットコイン交換所にハッキング

ギズモード・ジャパン 8月8日(月)23時10分配信

これまた、すごい額が…。

香港のビットコイン交換所Bitfinexが、ハッキングによりビットコイン11万9756枚が盗まれたことを公表しました。ビットコイン11万9756枚は、3日現在、約7200万ドル(約73億円)に相当します。ハッキングニュースがでた火曜日(今月2日)、ビットコインの価値は23%ほど急落。翌日、少しばかり回復し545ドル20セントに。また、Bitfinexは、今回のハッキングはビットコインのみがターゲットとされており、他のデジタル通貨は無事だと発表しています。

Bitfinexは、世界最大規模のドルベースのビットコイン交換所の1つ。今回のハッキングは、2014年のマウントゴックス事件に次ぐ、大規模な被害額となりました。

まだ全容が解明されていない段階ですが、The Next Webの報道によれば、オフラインでのビットコイン保管がされておらず、これがハッカーから絶好のターゲットとされてしまった原因の1つではないかと解説しています。

不安になるデジタル通貨ですが、ビットコインの交換、流通は、通常のオンラインバンキングとは異なります。大きな違いかつビットコインの特徴は、匿名での取り引きが可能だということ。ゆえに、トラッキングが難しく、泣き寝入りせざるえない場合もあります。Bitfinexの発表では、調査が進めば、ユーザーの喪失分に対して対応策を検討していくといいます。ハッキング被害にあったユーザーは気が気じゃないでしょうが、調査が進むことを祈りつつ、この対応策とやらを待つしかないですね…。

こういう大事件が起きるからこそ、行政、金融機関は早急にビットコインを学ぶ必要がありますよ。

image by Shutterstock
source: Bitfinex via Reuters
Darren Orf - Gizmodo US

最終更新:8月8日(月)23時10分

ギズモード・ジャパン