ここから本文です

マレー初戦突破、五輪2大会連続「金」へ向け好スタート<男子テニス>

tennis365.net 8月8日(月)7時1分配信

リオデジャネイロ・オリンピック

リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)は7日、テニスの男子シングルス1回戦が行われ、第2シードのA・マレー(英国)がV・トロイキ(セルビア)を6-3, 6-2のストレートで下して初戦突破、五輪2大会連続の金メダル獲得へ向けて好スタートを切った。

第1セットの第1ゲームでいきなりトロイキにブレークを許したマレーだったが、第2セットの第2ゲームですぐさまブレークバックに成功。その後、試合を通してファーストサービスが入った時に73パーセントの確率でポイントを獲得して主導権を握り、1時間23分で2回戦進出を決めた。

2回戦ではJ・モナコ(アルゼンチン)と対戦する。

世界ランク2位のマレーは、2012年のロンドン・オリンピック(イギリス/ロンドン、芝)決勝でR・フェデラー(スイス)を破り、金メダルを獲得している。

今年はウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で、2013年以来3年ぶり2度目の地元優勝を果たした。

tennis365.net

最終更新:8月8日(月)7時1分

tennis365.net