ここから本文です

イスタンブールで反クーデターの大規模集会 「数百万人参加」

AFPBB News 8月8日(月)15時23分配信

(c)AFPBB News

【8月8日 AFP】トルコの最大都市イスタンブール(Istanbul)で7日、先月のクーデター未遂事件に抗議し、レジェプ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)大統領の下での団結を示す大規模な集会が開かれた。政権寄りのメディアや当局者は、参加者は数百万人に上ったとしている。

 集会は「民主主義と殉教者のための集会」と名づけられ、大勢の市民が参加。会場のイエニカプ広場(Yenikapi Square)は赤と白のトルコ国旗が波打つ海のようになった。

 エルドアン大統領の名前が書かれたヘッドバンドを巻いた人も多く見られ、「民主主義の勝利だ。国民のための広場だ」などと書かれた幕も掲げられた。

 民主主義を支持するこの集会にはエルドアン大統領のほか、最大野党・共和人民党(CHP)のケマル・クルチダオール(Kemal Kilicdaroglu)党首、野党・民族主義者行動党(MHP)のデブレト・バフチェリ(Devlet Bahceli)党首らも参加した。

 政権寄りのメディアによれば、1万5000人に上る警察官が厳重に警備するなか、少なくとも300万人が集会に参加したという。一方、匿名の政府高官は、イエニカプ広場やその周辺に推計500万人が集まったと語った。

 演説を行ったエルドアン大統領は死刑制度の復活についても言及し、国民が死刑復活を求めれば各政党は国民の意思を尊重するはずだと強調。「主権は国民にある以上、死刑制度について決めるのは議会だ。議会が決定すれば承認する」と踏み込んだ。(c)AFPBB News

最終更新:8月8日(月)15時23分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。